1. ホーム
  2. キッチン、日用品、文具
  3. キッチン、台所用品
  4. 食器、グラス、カトラリー
  5. コレール CORELLE バイオレットミスト スクエア小皿 パール金属 J2206-VM CP-9414
名作 人気No.1 コレール CORELLE バイオレットミスト スクエア小皿 パール金属 J2206-VM CP-9414 halloweencostumescosplay.com halloweencostumescosplay.com

コレール CORELLE バイオレットミスト スクエア小皿 パール金属 J2206-VM CP-9414

359円

コレール CORELLE バイオレットミスト スクエア小皿 パール金属 J2206-VM CP-9414

●水彩で描かれたようなバイオレットの花模様。かわいらしさとエレガントさをテーブルに添えます。

●独自の三層構造のガラスで割れにくい
 破損、欠けに強く、丈夫なのでお子様も安心です。
 また、色あせしにくく長くご使用になれます。

●薄い素材だから省スペースに収納可能
 スッキリ積み重ねできるので食器棚で場所をとりません。

●安全・無孔ガラス素材だから衛生的で安心
 無孔なので使っているうちに食材の汚れが残ってしまうことがなく衛生的で安心です。

●軽量だから負担が少なく扱いやすい
 軽いので取扱いが簡単です。

●なめらかな表面なのでカンタンお手入れ
 表面が滑らかなので、汚れが落としやすくお手入れがカンタンです。
 食器洗い乾燥機にも対応。

●電子レンジ・オーブンに使えます。
 電子レンジ・オーブンに対応しています。
 温めて、調理してそのまま食卓へ。

■商品仕様■

 サイズ:幅165×奥行165mm

 材 質
  品名:強化ガラス製器具
  強化の種類:全面積層強化

 原産国:アメリカ


コレール CORELLE バイオレットミスト スクエア小皿 パール金属 J2206-VM CP-9414

【お取り寄せ】18-8 共柄 泡立 33cm卓上用品 ティー・お茶・紅茶用品 茶こし・ストレーナー ステンレス製 21-0 ニコ 茶こしN-32(EBM22-1)(1286-13)エンジニア ケーブルカッター ▼202-3724 PK-52 1丁SK11 エアーハンマーチゼル 127mm×10mm AHM-SCFミニ骨壷 ペット骨壷 2.3寸 あしあと シルエット 遺骨入れ 骨壷 分骨 手元供養 切立 肉球【取り寄せ商品】 業務用食器 八角刷毛目唐津盃 6×4.7?OLFA リミテッドSC LTD-101098コクヨ リングファイル スリムスタイル A4タテ 丸型2穴 背幅33mm 黄色 フ-URFC430Yマムズデリ すなぎも 50g入り箸置き 青磁笹彫 おしゃれ 和食器 業務用 美濃焼 9b293-18CANMAKE キャンメイク シークレットビューティーパウダー 02 ナチュラル (ゆうパケット配送対象)『中古即納』{ACC}{FC}クラシックミニFC用USB ACアダプタmini(レトロカラー) アクラス(SASP-0377)(20161119)ドラゴンボールZ BATTLE OF Z - PS3遠藤商事 フラッシュ No.4 <WHL09004>わけあり品-九谷焼 盃 酒器 ぐい呑み 白兎なでしこスヌーピー フレフレシャープ シャープペン パープル ピーナッツ グッズ『中古即納』{ACC}{Switch}CYBER・ジャイロコントローラー 無線タイプ(SWITCH用)(スイッチ用) ブルー サイバーガジェット(CY-NSGYCWL-BL)(20181201)在庫一掃商品 レスト波型7.5cmBK 黒 箸置きレスト 卓上小物雑貨 陶器磁器 おしゃれな業務用食器小林工業 ラッキーウッド バルセロナ バターナイフ 157mm 単品 カトラリー 食器 0-10708-000 メール便
セミナー 2021.12.27
小宮俊弁護士の講演予定

開講日:2022年1月21日(金)13:30~15:30

テーマ:「令和3年銀行法等改正の概要と金融実務への影響

〜銀行、信用金庫・信用組合、保険会社を対象に〜」

主 催:株式会社金融財務研究会・株式会社経営調査研究会

※受講方法や詳細、お申し込みはこちらからご覧下さい。

法律コラム 2021.12.21
建物賃貸借における留意点についてコラムを掲載しました。
ニュース 2021.12.20
■ISF パック入 エクストラ正宗ドリル 3.2mm (1本=1PK) PEXD3.2(2897725)
ニュース 2021.12.20
Chambers & Partnersが発行するChambers Asia-Pacific 2022において、錦野裕宗弁護士がJapan – Insurance分野で高い評価を受けました。
セミナー 2021.12.16
2021年11月24日開催の中央総合法律事務所ウェブセミナーの動画を掲載しました
論文 2021.12.15
FinTech Journalに、小宮俊弁護士の解説『2021年施行「銀行法等改正」「資金交付制度」とは? 知っておくべき重要論点まとめ』が掲載されました。
セミナー 2021.12.14
小宮俊弁護士の講演予定

開講日:12月21日(火)13:30~16:30

テーマ:「2021年銀行法等改正・資金交付制度の概要と 地域金融機関の実務への影響」

主 催:株式会社セミナーインフォ

※受講方法や詳細、お申し込みはこちらからご覧下さい。

セミナー 2021.12.27
小宮俊弁護士の講演予定

開講日:2022年1月21日(金)13:30~15:30

テーマ:「令和3年銀行法等改正の概要と金融実務への影響

〜銀行、信用金庫・信用組合、保険会社を対象に〜」

主 催:株式会社金融財務研究会・株式会社経営調査研究会

※受講方法や詳細、お申し込みはこちらからご覧下さい。

セミナー 2021.12.16
2021年11月24日開催の中央総合法律事務所ウェブセミナーの動画を掲載しました
セミナー 2021.12.14
小宮俊弁護士の講演予定

開講日:12月21日(火)13:30~16:30

テーマ:「2021年銀行法等改正・資金交付制度の概要と 地域金融機関の実務への影響」

主 催:株式会社セミナーインフォ

※受講方法や詳細、お申し込みはこちらからご覧下さい。

セミナー 2021.12.11
赤崎雄作弁護士、髙橋瑛輝弁護士、宮本庸弘弁護士の講演予定

開講日:12月15日(水)10:00

テーマ:「2022年6月施行 公益通報者保護法の改正法と損害保険適用のポイント」

主 催:マーシュジャパン株式会社/弁護士法人中央総合法律事務所

※受講方法や詳細、お申し込みはこちらからご覧下さい。

(マーシュジャパンのオンラインセミナー申込みフォームに移動します。)

セミナー 2021.11.02
國吉雅男弁護士の講演予定

開講日:11月26日(金)9:00~11:30

テーマ:「金融機関等に求められるマネロン・テロ資金供与対策の要点-FATF第4次対日相互審査報告書を踏まえ-」

主 催: 金融ファクシミリ新聞社

※受講方法や詳細、お申し込みはこちらからご覧下さい。

セミナー 2021.11.01
中央総合法律事務所Webセミナーの予定

2021年11月24日(水)17:00~18:00

テーマ:「内閣府令・監督指針等のパブコメ回答を踏まえた令和3年銀行法等改正の解説」

講師:本行克哉弁護士、小宮俊弁護士

受講料:無料

開催方法:Zoomを使用して開催します。事前登録制となります

こちらからご登録いただけます。ご登録後、セミナー参加に関する確認メールが届きます。

セミナー 2021.10.04
中央総合法律事務所Webセミナーの予定

2021年10月27日(水)17:30~18:30

テーマ:「内部通報担当者必聴!2021年(令和3年)10月13日公表『公益通報者保護法の指針の解説』についての速報解説会」

講師:赤崎雄作弁護士、大澤武史弁護士

受講料:無料

開催方法:Zoomを使用して開催します。事前登録制となります

こちらからご登録いただけます。ご登録後、セミナー参加に関する確認メールが届きます。

論文 2021.12.15
FinTech Journalに、小宮俊弁護士の解説『2021年施行「銀行法等改正」「資金交付制度」とは? 知っておくべき重要論点まとめ』が掲載されました。
論文 2021.11.25
金融法務事情 No.2174(2021年11月25日号)に、國吉雅男弁護士が執筆した論稿『銀行法業務範囲規制の存在意義とリスク管理の高度化』が掲載されました。
論文 2021.11.10
旬刊商事法務 №2277(2021年11月5日号)に、小林章博弁護士が執筆した論稿『取締役会の法務Ⅵ・完-取締役会決議の瑕疵、取締役会の議事録-』が掲載されました。本稿は連載「取締役会の法務」として全6回の掲載を予定しており、今回は第6回です。
論文 2021.11.04
旬刊商事法務 №2276(2021年10月25日号)に、小林章博弁護士が執筆した論稿 『取締役会の法務Ⅴ-決議事項と報告事項(2)-』が掲載されました。 本稿は連載「取締役会の法務」として全6回の掲載を予定しており、今回は第5回です。
論文 2021.11.04
旬刊商事法務 №2275(2021年10月5・15日号)に、小林章博弁護士が執筆した論稿 『取締役会の法務Ⅳ-決議事項と報告事項(1)-』が掲載されました。 本稿は連載「取締役会の法務」として全6回の掲載を予定しており、今回は第4回です。
論文 2021.11.01
米国の法律事務所にて客員弁護士として勤務中の本行弁護士の連載記事『最新 米国レポート 法務&金融情報発信局』が銀行法務21 No.877(2021年11月号)より掲載開始となりました(第1回「米国のロースクールと日本の法科大学院の違い」)
論文 2021.11.01
銀行法務21 No.877(2021年11月号)に、金澤浩志弁護士、髙橋瑛輝弁護士が執筆した論稿『FATF第4次対日相互審査の結果を踏まえて金融機関に求められるAML/CFT態勢の高度化』が掲載されました。