1. ホーム
  2. キッチン、日用品、文具
  3. キッチン、台所用品
  4. 食器、グラス、カトラリー
  5. メラミン 千筋吸物椀 外黒内朱 (φ121×H60mm・390ml) [GW-233] スリーライン 業務用 食器 割れにくい プラスチック 樹脂製
至高 日本初の メラミン 千筋吸物椀 外黒内朱 φ121×H60mm 390ml GW-233 スリーライン 業務用 食器 割れにくい プラスチック 樹脂製 halloweencostumescosplay.com halloweencostumescosplay.com

メラミン 千筋吸物椀 外黒内朱 (φ121×H60mm・390ml) [GW-233] スリーライン 業務用 食器 割れにくい プラスチック 樹脂製

141円

メラミン 千筋吸物椀 外黒内朱 (φ121×H60mm・390ml) [GW-233] スリーライン 業務用 食器 割れにくい プラスチック 樹脂製

【メラミン製食器】
陶磁器に比べ、軽く 割れにくく 丈夫。大量調理の作業も楽にできる取り扱いのしやすさが特長です。
■食器洗浄機・消毒保管庫・乾燥機使用可!

■メーカー:スリーライン株式会社
■商品名:千筋吸物椀
■品番:GW-233
■裏面刻印の型番:「G-233」
■サイズ:直径121×高さ60mm・容量390ml
■材質:メラミン
■耐熱温度:120℃
■食器洗浄機:使用可
■食器乾燥機:使用可
■食器消毒保管庫:使用可(85℃、20〜30分程度)
■電子レンジ:使用不可
【!】メーカー取り寄せ品のため、出荷まで約2〜7営業日程度(休業日除く)かかります。
商品が欠品中の場合は、1ヶ月程お時間をいただく場合がございます。
お急ぎの場合はご注文前に在庫の確認をお願い致します。

メラミン 千筋吸物椀 外黒内朱 (φ121×H60mm・390ml) [GW-233] スリーライン 業務用 食器 割れにくい プラスチック 樹脂製

タカチ電機工業 SG型膜付グロメット SG-34AALLEX スラントナイフ K−2 K-2ヤナセ 軸付砥石 WA (赤) 傘型 【3mm軸】 φ13×25×3 #60 WA13Uクルールホーローマグ(黄)[ 12.7 x 9.7 x 7.5cm・330cc 270g ] [ マグカップ ] | 飲食店 カフェ 喫茶店 おしゃれESCO50kg用 サクションリフター(バキュームゲージ付)[EA950AH]卓上製品 / 桜花びら黄 寸法:5×3.4cm【REIZ(ライツ)】「Ver.2(流星Ver)」 エブリイバン DA17V DA64V オールLEDテールランプ 左右セットレヂボン スキルタッチ WA60 100×2×15 1枚クレヨンしんちゃん×シナモロール ボールペン おそろいコベントガーデン (コベント・ガーデン)白釉箸・ブラウン 品番:OF-08キャベツピーラー ミニ オクソー OXO 11244500ISF パック入 エクストラ正宗ドリル 6.2mm (1本=1PK)SHINETSU/新越ワークス TSステンレス 手付スクイザル/特大コヅチ(KOZUCHI) 黒床皮ノミケース 1寸 追入用 SC-0118-8和味 あく取 小 S-9H3 LED ヘッドライト フォグライト 1860 SMD 高輝度 チップ 簡単ポン付け 静音 ファンレス 12v 車/バイク用 ホワイト イエロー LED フォグランプ 純正交換バラスト & バルブ付 HIDフルキット 薄型バラスト 35w H4 レス 緑スープカップ ハーブグリーン 片手スープ おしゃれ 洋食器 業務用 美濃焼 9d71705-198switch スイッチ 充電スタンド Joy-Con 4台 タイプC2台 同時充電 充電 スタンド USB スタンド 収納 ワイヤレス スイッチ 周辺機器 コントローラー tkn 送料無料
セミナー 2021.12.27
小宮俊弁護士の講演予定

開講日:2022年1月21日(金)13:30~15:30

テーマ:「令和3年銀行法等改正の概要と金融実務への影響

〜銀行、信用金庫・信用組合、保険会社を対象に〜」

主 催:株式会社金融財務研究会・株式会社経営調査研究会

※受講方法や詳細、お申し込みはこちらからご覧下さい。

法律コラム 2021.12.21
建物賃貸借における留意点についてコラムを掲載しました。
ニュース 2021.12.20
T-fal ティファール K255S2 エバーシャープ 三徳ナイフ (16.5cm)
ニュース 2021.12.20
Chambers & Partnersが発行するChambers Asia-Pacific 2022において、錦野裕宗弁護士がJapan – Insurance分野で高い評価を受けました。
セミナー 2021.12.16
2021年11月24日開催の中央総合法律事務所ウェブセミナーの動画を掲載しました
論文 2021.12.15
FinTech Journalに、小宮俊弁護士の解説『2021年施行「銀行法等改正」「資金交付制度」とは? 知っておくべき重要論点まとめ』が掲載されました。
セミナー 2021.12.14
小宮俊弁護士の講演予定

開講日:12月21日(火)13:30~16:30

テーマ:「2021年銀行法等改正・資金交付制度の概要と 地域金融機関の実務への影響」

主 催:株式会社セミナーインフォ

※受講方法や詳細、お申し込みはこちらからご覧下さい。

セミナー 2021.12.27
小宮俊弁護士の講演予定

開講日:2022年1月21日(金)13:30~15:30

テーマ:「令和3年銀行法等改正の概要と金融実務への影響

〜銀行、信用金庫・信用組合、保険会社を対象に〜」

主 催:株式会社金融財務研究会・株式会社経営調査研究会

※受講方法や詳細、お申し込みはこちらからご覧下さい。

セミナー 2021.12.16
2021年11月24日開催の中央総合法律事務所ウェブセミナーの動画を掲載しました
セミナー 2021.12.14
小宮俊弁護士の講演予定

開講日:12月21日(火)13:30~16:30

テーマ:「2021年銀行法等改正・資金交付制度の概要と 地域金融機関の実務への影響」

主 催:株式会社セミナーインフォ

※受講方法や詳細、お申し込みはこちらからご覧下さい。

セミナー 2021.12.11
赤崎雄作弁護士、髙橋瑛輝弁護士、宮本庸弘弁護士の講演予定

開講日:12月15日(水)10:00

テーマ:「2022年6月施行 公益通報者保護法の改正法と損害保険適用のポイント」

主 催:マーシュジャパン株式会社/弁護士法人中央総合法律事務所

※受講方法や詳細、お申し込みはこちらからご覧下さい。

(マーシュジャパンのオンラインセミナー申込みフォームに移動します。)

セミナー 2021.11.02
國吉雅男弁護士の講演予定

開講日:11月26日(金)9:00~11:30

テーマ:「金融機関等に求められるマネロン・テロ資金供与対策の要点-FATF第4次対日相互審査報告書を踏まえ-」

主 催: 金融ファクシミリ新聞社

※受講方法や詳細、お申し込みはこちらからご覧下さい。

セミナー 2021.11.01
中央総合法律事務所Webセミナーの予定

2021年11月24日(水)17:00~18:00

テーマ:「内閣府令・監督指針等のパブコメ回答を踏まえた令和3年銀行法等改正の解説」

講師:本行克哉弁護士、小宮俊弁護士

受講料:無料

開催方法:Zoomを使用して開催します。事前登録制となります

こちらからご登録いただけます。ご登録後、セミナー参加に関する確認メールが届きます。

セミナー 2021.10.04
中央総合法律事務所Webセミナーの予定

2021年10月27日(水)17:30~18:30

テーマ:「内部通報担当者必聴!2021年(令和3年)10月13日公表『公益通報者保護法の指針の解説』についての速報解説会」

講師:赤崎雄作弁護士、大澤武史弁護士

受講料:無料

開催方法:Zoomを使用して開催します。事前登録制となります

こちらからご登録いただけます。ご登録後、セミナー参加に関する確認メールが届きます。

論文 2021.12.15
FinTech Journalに、小宮俊弁護士の解説『2021年施行「銀行法等改正」「資金交付制度」とは? 知っておくべき重要論点まとめ』が掲載されました。
論文 2021.11.25
金融法務事情 No.2174(2021年11月25日号)に、國吉雅男弁護士が執筆した論稿『銀行法業務範囲規制の存在意義とリスク管理の高度化』が掲載されました。
論文 2021.11.10
旬刊商事法務 №2277(2021年11月5日号)に、小林章博弁護士が執筆した論稿『取締役会の法務Ⅵ・完-取締役会決議の瑕疵、取締役会の議事録-』が掲載されました。本稿は連載「取締役会の法務」として全6回の掲載を予定しており、今回は第6回です。
論文 2021.11.04
旬刊商事法務 №2276(2021年10月25日号)に、小林章博弁護士が執筆した論稿 『取締役会の法務Ⅴ-決議事項と報告事項(2)-』が掲載されました。 本稿は連載「取締役会の法務」として全6回の掲載を予定しており、今回は第5回です。
論文 2021.11.04
旬刊商事法務 №2275(2021年10月5・15日号)に、小林章博弁護士が執筆した論稿 『取締役会の法務Ⅳ-決議事項と報告事項(1)-』が掲載されました。 本稿は連載「取締役会の法務」として全6回の掲載を予定しており、今回は第4回です。
論文 2021.11.01
米国の法律事務所にて客員弁護士として勤務中の本行弁護士の連載記事『最新 米国レポート 法務&金融情報発信局』が銀行法務21 No.877(2021年11月号)より掲載開始となりました(第1回「米国のロースクールと日本の法科大学院の違い」)
論文 2021.11.01
銀行法務21 No.877(2021年11月号)に、金澤浩志弁護士、髙橋瑛輝弁護士が執筆した論稿『FATF第4次対日相互審査の結果を踏まえて金融機関に求められるAML/CFT態勢の高度化』が掲載されました。