1. ホーム
  2. キッチン、日用品、文具
  3. キッチン、台所用品
  4. 食器、グラス、カトラリー
  5. カレー皿 和食器 美濃民芸 パスタ皿 サラダ皿 煮物鉢 盛皿 お皿 日本製 美濃焼 おうちごはん 便利なお皿 マルチな食器 おもてなし
【送料0円】 驚きの値段 カレー皿 和食器 美濃民芸 パスタ皿 サラダ皿 煮物鉢 盛皿 お皿 日本製 美濃焼 おうちごはん 便利なお皿 マルチな食器 おもてなし halloweencostumescosplay.com halloweencostumescosplay.com

カレー皿 和食器 美濃民芸 パスタ皿 サラダ皿 煮物鉢 盛皿 お皿 日本製 美濃焼 おうちごはん 便利なお皿 マルチな食器 おもてなし

237円

カレー皿 和食器 美濃民芸 パスタ皿 サラダ皿 煮物鉢 盛皿 お皿 日本製 美濃焼 おうちごはん 便利なお皿 マルチな食器 おもてなし

商品説明
人気の民芸和食器の代表、小鹿田焼(おんたやき)の「かんな削り」という、一目一目をかんなで削り出した模様を再現した「美濃民芸」シリーズ。

使うための器として、日常使ってこそ美しさを感じられる素朴な雰囲気は普段のお料理がぴったり。

こちらは、パスタ皿やカレー皿として最適なサイズのお皿。他にもサラダや煮物の盛り付け、焼きそばやチャーハンなど幅広く活躍する形です。

商品詳細
サイズ/口径20.8cm×高さ5.3cm
重さ/約487g(商品により誤差があります。)
容量/約800cc(満水)
素材/磁器
質感/つややか
生産地/美濃焼
電子レンジ、食器洗い機使用可
オーブン(直火)不可
取り寄せ可能

※サイズは全て外寸になります。
ご注意

※色味に個体差がございます。
※釉薬の溜まりにより、模様が潰れる場合ございますが不良品ではございませんので予めご了承くださいませ。
※縁の茶色部分の濃さは一定でなく、ムラがございます。

※お客様のお使いのモニター設定、お部屋の照明等により実際の商品と色味が異なって見える場合がございます。

※画像に含まれる小物は使用イメージのために使用しています。






カレー皿 和食器 美濃民芸 パスタ皿 サラダ皿 煮物鉢 盛皿 お皿 日本製 美濃焼 おうちごはん 便利なお皿 マルチな食器 おもてなし

円座クッション 低反発 妊婦 産後 プレゼント ドーナツ形 クッション ドーナツクッション 円座 姿勢矯正 骨盤 矯正 産後対策 腰痛 痔 マタニティダルトン DULTON ラウンド トリベット S315-113ABKインダストリーコーワ KOWA #11509 サンディングブロック 細目#180『新品』『お取り寄せ』{ACC}{PSVita}PS VITA2000用 自己吸着2nd アンサー(ANS-PV026)(20131010)食品容器 バガスペーパーウェア どんぶり DB-15 10枚入り茶筒 茶さじ ステンレスセット 槌目模様 燕三条 日本製 100g (ギフト 結婚祝い クリスマス 新築祝い 友人 父の日 プレゼント)へちもん ホワイトタグ ブラウンタグ スープマグ ペア ギフトセーラー万年筆 四季織 万年筆用 ボトルインク 夜焚 20mlオカトー かや織りふきん ふきん クロス 食器用 3枚入 30×30cm ミッフィー のぞきミッフィー【取り寄せ商品】 業務用食器 赤絵間取徳利(小) 6.7×11.8cm・160cc 日本酒・焼酎グラスラジエターカバー オートバイ ラジエーター グリルカバー ガード プロテクター クーラー キャップ トライアンフ 2300 ロケット III3 2006 - 2015パール金属 両用皮引 プラスチック製 日本製 ベジライブ CC-1016こま板 小 手無(230×230)スプリンターセル コンヴィクション - Xbox360高儀 TAKAGI ステンゴミ取りシャークトング 600mmAMS Honeycomb Frame Guard XL (GREEN)[箱つぶれ]ルーヴルドーレヴィ LJ-365DRZ-K 復元ドライヤーPro 漆黒(しっこく)[国内正規流通品 LOUVREDO Re-viii][送料無料]復元ドライヤープロXJR400 オイルクーラー取り出しセット #6 ブラック ACTIVE(アクティブ)法人送料無料 会議用テーブル ミーティングテーブル 幅1200mm おしゃれ 会議机 会議テーブル 長机 会議室 打ち合わせ 作業台 木目調 商談 業務用 GLM-1260
セミナー 2021.12.27
小宮俊弁護士の講演予定

開講日:2022年1月21日(金)13:30~15:30

テーマ:「令和3年銀行法等改正の概要と金融実務への影響

〜銀行、信用金庫・信用組合、保険会社を対象に〜」

主 催:株式会社金融財務研究会・株式会社経営調査研究会

※受講方法や詳細、お申し込みはこちらからご覧下さい。

法律コラム 2021.12.21
建物賃貸借における留意点についてコラムを掲載しました。
ニュース 2021.12.20
【お取り寄せ】エムテートリマツ/18-0 万能トング 角リング付 ミニ
ニュース 2021.12.20
Chambers & Partnersが発行するChambers Asia-Pacific 2022において、錦野裕宗弁護士がJapan – Insurance分野で高い評価を受けました。
セミナー 2021.12.16
2021年11月24日開催の中央総合法律事務所ウェブセミナーの動画を掲載しました
論文 2021.12.15
FinTech Journalに、小宮俊弁護士の解説『2021年施行「銀行法等改正」「資金交付制度」とは? 知っておくべき重要論点まとめ』が掲載されました。
セミナー 2021.12.14
小宮俊弁護士の講演予定

開講日:12月21日(火)13:30~16:30

テーマ:「2021年銀行法等改正・資金交付制度の概要と 地域金融機関の実務への影響」

主 催:株式会社セミナーインフォ

※受講方法や詳細、お申し込みはこちらからご覧下さい。

セミナー 2021.12.27
小宮俊弁護士の講演予定

開講日:2022年1月21日(金)13:30~15:30

テーマ:「令和3年銀行法等改正の概要と金融実務への影響

〜銀行、信用金庫・信用組合、保険会社を対象に〜」

主 催:株式会社金融財務研究会・株式会社経営調査研究会

※受講方法や詳細、お申し込みはこちらからご覧下さい。

セミナー 2021.12.16
2021年11月24日開催の中央総合法律事務所ウェブセミナーの動画を掲載しました
セミナー 2021.12.14
小宮俊弁護士の講演予定

開講日:12月21日(火)13:30~16:30

テーマ:「2021年銀行法等改正・資金交付制度の概要と 地域金融機関の実務への影響」

主 催:株式会社セミナーインフォ

※受講方法や詳細、お申し込みはこちらからご覧下さい。

セミナー 2021.12.11
赤崎雄作弁護士、髙橋瑛輝弁護士、宮本庸弘弁護士の講演予定

開講日:12月15日(水)10:00

テーマ:「2022年6月施行 公益通報者保護法の改正法と損害保険適用のポイント」

主 催:マーシュジャパン株式会社/弁護士法人中央総合法律事務所

※受講方法や詳細、お申し込みはこちらからご覧下さい。

(マーシュジャパンのオンラインセミナー申込みフォームに移動します。)

セミナー 2021.11.02
國吉雅男弁護士の講演予定

開講日:11月26日(金)9:00~11:30

テーマ:「金融機関等に求められるマネロン・テロ資金供与対策の要点-FATF第4次対日相互審査報告書を踏まえ-」

主 催: 金融ファクシミリ新聞社

※受講方法や詳細、お申し込みはこちらからご覧下さい。

セミナー 2021.11.01
中央総合法律事務所Webセミナーの予定

2021年11月24日(水)17:00~18:00

テーマ:「内閣府令・監督指針等のパブコメ回答を踏まえた令和3年銀行法等改正の解説」

講師:本行克哉弁護士、小宮俊弁護士

受講料:無料

開催方法:Zoomを使用して開催します。事前登録制となります

こちらからご登録いただけます。ご登録後、セミナー参加に関する確認メールが届きます。

セミナー 2021.10.04
中央総合法律事務所Webセミナーの予定

2021年10月27日(水)17:30~18:30

テーマ:「内部通報担当者必聴!2021年(令和3年)10月13日公表『公益通報者保護法の指針の解説』についての速報解説会」

講師:赤崎雄作弁護士、大澤武史弁護士

受講料:無料

開催方法:Zoomを使用して開催します。事前登録制となります

こちらからご登録いただけます。ご登録後、セミナー参加に関する確認メールが届きます。

論文 2021.12.15
FinTech Journalに、小宮俊弁護士の解説『2021年施行「銀行法等改正」「資金交付制度」とは? 知っておくべき重要論点まとめ』が掲載されました。
論文 2021.11.25
金融法務事情 No.2174(2021年11月25日号)に、國吉雅男弁護士が執筆した論稿『銀行法業務範囲規制の存在意義とリスク管理の高度化』が掲載されました。
論文 2021.11.10
旬刊商事法務 №2277(2021年11月5日号)に、小林章博弁護士が執筆した論稿『取締役会の法務Ⅵ・完-取締役会決議の瑕疵、取締役会の議事録-』が掲載されました。本稿は連載「取締役会の法務」として全6回の掲載を予定しており、今回は第6回です。
論文 2021.11.04
旬刊商事法務 №2276(2021年10月25日号)に、小林章博弁護士が執筆した論稿 『取締役会の法務Ⅴ-決議事項と報告事項(2)-』が掲載されました。 本稿は連載「取締役会の法務」として全6回の掲載を予定しており、今回は第5回です。
論文 2021.11.04
旬刊商事法務 №2275(2021年10月5・15日号)に、小林章博弁護士が執筆した論稿 『取締役会の法務Ⅳ-決議事項と報告事項(1)-』が掲載されました。 本稿は連載「取締役会の法務」として全6回の掲載を予定しており、今回は第4回です。
論文 2021.11.01
米国の法律事務所にて客員弁護士として勤務中の本行弁護士の連載記事『最新 米国レポート 法務&金融情報発信局』が銀行法務21 No.877(2021年11月号)より掲載開始となりました(第1回「米国のロースクールと日本の法科大学院の違い」)
論文 2021.11.01
銀行法務21 No.877(2021年11月号)に、金澤浩志弁護士、髙橋瑛輝弁護士が執筆した論稿『FATF第4次対日相互審査の結果を踏まえて金融機関に求められるAML/CFT態勢の高度化』が掲載されました。